本日 339 人 - 昨日 207 人 - 累計 234677 人
  • Mobile QR
  • 携帯電話からも
    アクセス
  • Search

  • Share
  • ブログ更新メール通知
  • このブログの更新通知をメールで受け取ることができます。
RSS

ビタミンÐの不足・欠乏を予防する

JAAトップインストラクター・整体師・
上級心理カウンセラーのなだです。
いつも有難うございます(^^♪


春が少しづつ近づいているな~と感じられる今日この頃。
庭に出る時間が増えてきたなだです。

庭に出ると、花と共に雑草もグングン伸びているので、草取りや枯葉を集めたりしていると、あっという間に時間が過ぎています。

DSC_0013~4
DSC_0029~2


主に骨に関与しているビタミンÐは日光(紫外線)や経口摂取により合成ができます。
室内で作業をすることが多い人は、ビタミンÐが不足する傾向にあります。


ビタミンD欠乏症にる症状

ビタミンÐが不足すると、骨に関する症状と免疫や代謝機能に関する症状が現れます。
・乳幼児ではくる病
・成人では骨軟化症
・高齢者や閉経後の女性では骨粗鬆症
・低カルシウム血症
・動脈硬化症
・癌の症状
・糖尿病
・免疫力低下、うつ


ビタミンÐの必要量の3分の2(1日10μg)は、日光浴により体内で生成できます。
どの程度紫外線を浴びたら良いかは、地域差や季節、天候により違いがあります。
手の甲と顔だけ出している場合は、
冬(晴天、正午頃の場合)、札幌で約140分、つくばで約40分、那覇で約15分。
夏(晴天、正午頃の場合)、札幌で約5分、つくばで約5分、那覇で約3分です。


しっかり日光の恩恵を受け、ビタミンÐ欠乏症を予防しましょう。

コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):