TOTAL: 65127 - TODAY: 16 - YESTERDAY: 37 [サイトマップ]

よくある質問

  1. HOME >
  2. サロンメニュー >
  3. よくある質問
Q. 整理中ですがトリートメントを受けることはできますか。A.
基本的には大丈夫です。

ただ生理痛がひどい、経血量が多くて気になる、方等のように当日の体調がすぐれない場合はせっかくのリラクゼーション効果も半減してしまいますので日を変えられたほうがいいかもしれません。

特に体調の不調がない方は、 血液やリンパの流れが促進されるので、若干、経血量が多くなる場合もございますが特に問題はございません。

生理にまつわる不調(むくみやイライラ、腰痛や肩こりなど)の緩和にもアロマトリートメントはとても効果的なので、生理中の不調緩和のケアとしてお受けられる方もいらっしゃいますよ。
またその際には、女性特有のホルモンバランスによる不調を整える精油をブレンドさせていただきますのでお声をかけてくださいね(^-^)ゞ また、あまり強い揉み方のコースは少しひかえたほうがいいかもしれません。

太もものきわどい部分(?)は控えめにトリートメントさせていただきますのでご安心を!
オイルが付着して汚れても大丈夫なショーツでお越しいただく事をおすすめいたします。
Q. トリートメント後に揉みかえしのようなものがきましたが、大丈夫でしょうか?A.
トリートメント後のお体はとてもリラックスして緩んでいます。

しかしその後にバッティングセンターに行った、プールでクロールで500m泳ぎ続けた・・・等(ないと思うけど)直後にお体を酷使すると、せっかく緩んだお体がビックリしてしまい揉みかえしになりやすいと言われます。

ですので、トリートメント後はたっぷりの水分を摂取して、ゆったりとお体を休めてあげることが大切。

強めのスリミング(痩身)トリートメント等は滞っていた血液やリンパをしっかりほぐした反動で、不調が大きかった部分が筋肉痛のような感じになりやすい場合もございますが、いずれもお体を休めてあげることが最善策。

あまり気になるようでしたら、次回からはトリートメントの力加減を少し弱めに!とお声をかけてくださいませ(^-^)ゞ
Q. 妊娠していますが、アロマトリートメントは受けられますか。A.
妊娠5ヶ月以降、特にお体の不調がなければほとんどの場合お受けいただけます。

しかし独自の判断より、まずはお医者様にご相談されるのをおすすめいたします。
一般的には安定期に入る6ヶ月目くらいからは比較的安心してお受けいただけます。

妊娠中は赤ちゃんの重みなどでむくみや腰痛等、いろいろとお体の不調も現れやすいもの。
アロマテラピーで快適なマタニティーライフを送ってください。

使用する精油も厳選させていただき、それでも不安な方やマタニティ用の精油にお好みのものがない方には、無香料でのトリートメントも可能です。
直接お肌に触れるオイル等は無香料にしておいて、お部屋にお好みの香りを香らす方法もあります。

また施術に関しましては、お腹が膨らんでくるとボディトリートメントで「うつ伏せ」が苦しくなってまいりますので、横揉みやうつぶせ等できる限り対応させていただき、お体をほぐさせていただきます。
また強く揉むトリートメントはあまりおすすめできませんので、ソフトめなトリートメントを行わせていただきます。

妊婦さんもたくさんいらっしゃっていますが、デコルテフェイシャルのコースをお受けになられる方が多いです。
(お顔、肩、両腕、膝下のお手入れのコース。肩こりも足のむくみもスッキリ、お顔も艶々なコースです。背中のトリートメントはうつ伏せになりますので、若干アレンジしてトリートメントさせていただきます。)   
Q. アロマトリートメントを継続して受けていると妊娠しやすくなると聞きましたが本当でしょうか。A.
YESと断言はしづらいですね(^-^;

でも、そういった話をお客様から何度か耳にしたことはございますし、生理不順だった方がトリートメントした後に生理が来た!という話もまた、よく耳にします。

私が思うに、生理が来ない、妊娠しにくい、ということは、自身の体が「今の体調では子供は産めないよう~」と訴えていると思うんですね。妊娠に耐えられるだけの母体の環境が整ってないから生理不順や不妊症といった状況が起こる。

だけどアロマトリートメントで、精油の恩恵とセラピストのハンドテクニックによってお体の不調を少しづつ整えていくと、体が本来の健康な状態になっていき妊娠しやすい体になっていく、と考えるのがベストかもしれません。

また精油の中の成分に「ホルモン様」という、女性ホルモンに似た働きをする成分を含むものがあり(代表的なものにローズやクラリセージ、ゼラニウム等)体内に不足しているホルモンを補うような作用をするものがありますので、それにより女性特有の不調(生理痛、月経前緊張症、更年期障害等)が緩和される場合も。

いいことづくめのアロマトリートメントです♪

●当サロンでは、平成14年10月現在100%の確率で妊娠されています!皆さん、幸せ満開です♪)
Q. アロマトリートメントを受けてはいけない人って?A.
妊娠初期(5ヶ月まで)やけがや不調で病院に通院中の方、重度の糖尿病、骨粗鬆症、てんかん症、感染症、皮膚病、打ち身、切り傷、 高熱、流行病、心疾患、癌、その他の重度の症状 等。

体調に不安のある方はカウンセリング時にご相談ください (^-^)
Q.交通事故のムチ打ちにも効果がありますか?A.
ムチ打ちで頚椎を痛めますと、背骨・脳・歯・腰・脚と、全身にも歪みが及ぶと、東洋医学では考えます。
従いまして、全身を調整すると同時に、アロマで海馬にも精油成分を届け、脳の神経に働きかけることで、免疫機能の改善を促します。

数年先、数十年先に後遺症を残さないためにも、アロマでの早めの手当てをお勧めします。
Q.認知症の進行を遅らせることができますか?A.
アロマの分子はとても小さく、脳の記憶を司る海馬まで浸透させることが出来ます。
認知症発送から2年後にCTで撮影したところ、進行が殆ど見られなかった実例があります。