• Mobile QR
  • 携帯電話からも
    アクセス
  • Search

  • Share
  • ブログ更新メール通知
  • このブログの更新通知をメールで受け取ることができます。
RSS

冬の「冷え」と「乾き」を整える。

冬の自然のリズムは「冷え」と「乾き」

がテーマです。

冷えに乾きが重なると、背骨や腰が水分不足で

かたくなってしまいます。




冷えからくる生理痛や消化器系の不調、

乾きからくる足首のむくみや内蔵の機能低下。

冬の調整法で、冷え、乾きをクリアして、

寒さの中でも元気に過ごしましょう。




【冬の体の手入れ】

1)足湯

冬の冷えは、他の季節より筋肉披露の回復を

遅らせるのが一般的です。

筋肉の疲れが取れきれないうちに使っていると、

筋肉がこわばってしまい、腰や背骨の歪みに

つながります。

筋肉披露と冷えには「足湯」が決め手です。

一日の使いすぎた筋肉の緊張をゆるめ、

冷えたからだがポカポカしてきて、活力が

蘇ります。

ガンコだった冷え性や生理痛などが驚く程

よくなります。



2)寒さ対策

ファンヒーターは、表面だけを温め、

肌の乾燥とからだの乾きを促進してしまいます。

田舎暮らしなら薪ストーブ、都会では

サウナ風呂がからだをシンから温めるのに

有効です。



3)乾き対策

いまや、ほとんどの人たちが、水分が不足して

乾いているのに、水分を吸収できないからだです。

からだがむくむ。鼻水や眼ヤニが出る。皮膚が

乾燥してかさかさする。などは乾きの典型的な

現象です。

一月、二月はどんどん乾きます。

冬の乾き対策と冷えは密接しています。

冬の乾きは、水を飲んだだけでは治まりません。

水だけでは、さほど体内に吸収されないのです。

むしろ、スープや鍋物で水分を補給する必要が

あります。

冬のお風呂は、シンまでからだを温め、

ゆっくり水を食べるように飲み、

からだの変化を感じてみましょう。



4)足の三点で歩く

「親指側、外側、かかと」の三点がからだを

支えています。

この三点を意識しながら、下腹を中心に(丹田)

歩いたり、作業したりします。

やがて、重心が下がって、からだに安定感が出て、

サビついたからだがもとにもどるのです。

足の三点がしっかりすると、体質が改善され、

四季の訪れを感じられるようになります。

コメント
name.. :記憶

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):