サイトマップ
RSS

春の肌トラブルにおすすめの薬用ハーブ✿

2017年05月20日
JAAトップインストラクター・整体師・
上級心理カウンセラーのなだです。
いつも有難うございます(^^♪



春は埃っぽくて、
黄砂の多い日などは特に
肌トラブル等への注意が必要です。


肌トラブルのお悩みには、
カレンデュラが、傷ついた皮膚や粘膜
血管を修復し、保護してくれます。


カレンデュラを湿布やオイルなどで
外用すると、その殺菌・消炎効果で
傷や火傷の回復を助けたり、
日焼けや皮膚の炎症を沈めてくれます。


画像


また、カレンデュラの花をブレンドした
ハーブティーを飲むと、
体の内側から働きかけ、
胃や粘膜の炎症を抑えてくれます。


その他、生理痛や月経不順・更年期障害
にも効果的と言われています。



★注意★
キク科アレルギーの人は使用に注意が必要です。
妊娠中の人は使用を避けてください。


ローリエ(月桂樹)の花が咲きました♬

2017年04月25日
JAAトップインストラクター・整体師・
上級心理カウンセラーのなだです。
いつも有難うございます(^^♪



10年以上も前に買った
我が家のローリエが随分と大きく育ち、
背丈が5~6mぐらい(?)になりました。

画像


買った時は、30cmぐらいの苗木だったものです。


お陰で、煮込み料理やハーブティーにして
沢山いただいています。


先日、ふと見上げると、
白い小さな花がチラホラ…
日当たりの良い右側だけ咲いています。


画像


やっぱり、花が咲くと嬉しいですね~
来年辺りは全体に咲くといいな(・_・


画像


欲しい方には、お裾分けもしています。
宜しかったら、どうそお持ち帰り下さいね。

パールの石鹸作り。

2017年04月10日
JAAトップインストラクター・整体師・
上級心理カウンセラーのなだです。
いつも有難うございます(^^♪



美肌効果を期待できるとして
昔から使い続けられている真珠。
化粧水やクリームに使われることが多いですね。


今回初めて、
真珠のパウダーを使って石鹸を作って見ました。


画像



真珠を育てるアコヤガイの内側の真珠層部分のみの
微粉末です。
国産のアコヤガイの外層を削り落とし、
真珠層のみの 状態にして、ミクロ のサイズまで
細かく粉砕しています。


贅沢な石鹸に
なりました(´ω`)ノ━━※



『石鹸教室』は随時行っています。
ご参加・お問合せをお待ちしています。

バナナでアンチエイジング(*´ω`*)

2017年04月05日
JAAトップインストラクター・整体師・
上級心理カウンセラーのなだです。
いつも有難うございます(^^♪



春らしい陽気が見られるようになりました。
花は咲き始め、心地よい温りに
何となく幸せを感じる今日この頃です。


美容や体調管理のどちらにも期待したい
バナナの栄養や効果について
纏めてみました。



画像



バナナ1本(100g)当たりの含有量
ビタミンB6=0.38mg
ビタミンB2=0.04mgビタミンB1=0.05mgナイアシン=0.7mg葉酸=26㎍
パントテン酸=0.44mgビタミンC=16mg


●食物繊維による整腸効果により
 肌荒れや吹き出物が改善

●抗酸化力が高く病気の予防や
 アンチエイジング効果がある


●食物繊維による整腸効果により
 肌荒れや吹き出物が改善
  
●ポリフェノールの抗酸化作用により
 シミやシワを改善し肌の老化を
 遅らせ、紫外線対策にも効果

●ブドウ糖や果糖のバランスが良く
 即効性と持続性のエネルギー源に
 なるため、激しい運動後や虚弱体質
 の方の栄養補給に

●マグネシウムが心を安定させ
 リラックス効果がある
 豊富に含まれているトリプトファンは
 セロトニンに変化し、
 神経を落ち着かせたり、睡眠を促したり
 片頭痛の予防にも



バナナ1本(100g)は86kcalですが、
ご飯1杯(150g)で252kcal、
食パン1枚(80g)で211kcalです。


カロリーから見ても、
安心して食べられるバナナを
毎日の生活に大いに取り入れましょう。

脳や体の老化の原因物質『AGE』をためない

2017年03月22日
JAAトップインストラクター・整体師・
上級心理カウンセラーのなだです。
いつも有難うございます(^^♪



老化の原因物質『AGE(終末糖化産物)』が
増えることは
体の老化だけでなく、
鬱や統合失調症などの、精神疾患の
原因にもなっているそうです。


AGEが多い食品は
・炭水化物
・魚、肉、パンなどの焦げ
・人工甘味料


生活習慣では
・喫煙
・紫外線
・食後すぐの激しい運動
・ストレス



画像



AGEを下げる食品は
・ワイン
・ビネガー
・柑橘系果物のクエン酸
 レモン、オレンジ、ライム
・緑茶のカテキン
・イリドイド
 ブルーベリー、ノニ、オリーブ
・ビタミンB6
 マグロ、牛レバー、カツオ、鶏肉、さんま
 ニンニク、ゴマ、唐辛子
・ビタミンB1
 豚肉、大豆、ウナギ、タラコ



脳や体の老化を遅らせるために、
AGEを下げる食品を
毎日の食事に取り入れましょう。

<< 前の5件 | 次の5件 >>