サイトマップ
RSS
JAAトップインストラクター・整体師・
上級心理カウンセラーのなだです。
いつも有難うございます(^^♪
 


今年は早くから冬がやって来て、毎日寒い日が続いています。この時期、ドライスキンにお悩みの方も多いのではないでしょうか。

夏場は湿気で悩まされる当地ですが、今は肌を乾燥から守ることに気を使う日々です。
手は食器洗いや洗濯でお湯を使うとカサカサになり、顔や踵などもお手入れを忘れると大変なことに。。。

そこで、ドライスキンにお勧めな精油をご紹介しましょう。

イランイラン・サンダルウッド・ゼラニウム

これらの精油をホホバオイルやスイートアーモンドオイルなどにブレンドして、お風呂上がりに、気になるところをマッサージしてみて下さい。
寒さに負けないウルウル美肌を維持できますよ。


画像

『アロマ&ハーブスクールなだ』では、
スクール(セラピスト養成)・JAAアロマコーディネーター資格取得講座」や「1dayセミナー
の受講生を随時募集しています。
お問合せをお待ちしています。

TEL 090-3179-3152
Mail nada.aroma@gmail.com


JAAトップインストラクター・整体師・
上級心理カウンセラーのなだです。
いつも有難うございます(^^♪



毎日の生活で、人と接することは楽しいことも多いのですが、良いことばかりではないですね。
誰にでも、抑えても抑えきれない怒りが込み上げて来ることがあると思います。
この怒りを爆発させてしまったら大変!そんな時は、アロマの力を借りて乗り切りましょう。


​カモミールG
カモミールR
ペパーミント
ラベンダー
ローズ​


これらの精油を使ってアロマスプレーを作り、部屋に拡散させてみましょう。気持ちがホッと落ち着くでしょう。
また、​ホホバオイル​などのキャリアオイルにブレンドしたものをコメカミや胸、背中などに塗布しても良いでしょう。

使い方につきまして、詳細は​店舗​にてお待ちしています。

画像

​​​​​JAAトップインストラクター・整体師・
上級心理カウンセラーのなだです。
いつも有難うございます(^^♪




美容に健康に、ダイエット効果にと、炭酸水が人気です。
糖質0の炭酸水も出回っているので、水の代わりに食事などに取り入れている方も多くなって来ました。


 ​【炭酸水の効果】​
血行促進
​炭酸水は、二酸化炭素を含みます。
そのため、炭酸水を飲むと血液中の二酸化炭素が増え、酸素が不足します。
酸素が減ると、体は血液量を増やし、血行が促進され代謝が向上するのです。
そのため、冷えや肩こり、むくみ、疲労の改善が期待されています。​
食べ過ぎ防止
​食事の前や食事中に炭酸水を飲むと、食欲を抑制する効果が期待でき、肥満の解消や、血糖コントロールにも役立つでしょう。
また、コップ1杯程度の少量の炭酸水は、胃の働きを活発にし、食欲をより増してしまうという逆の現象も考えられます。
食べ過ぎ防止を期待して飲むのならコップ2杯からペットボトル1本を目安としましょう。​
疲労回復
​炭酸水は、疲労の原因となる「乳酸」を取り除く効果があると言われています。また、副交感神経をリラックスさせる効果があるので、睡眠改善の効果も期待されています。​


【炭酸水を美味しく飲みましょう】​​

オレンジなどの果汁1個分、皮付きのまますり下ろした生姜10gに炭酸水を加えて、ハチミツで甘さを加えると飲みやすくなります。
濃い目の紅茶やハーブティーを炭酸で割っても美味しくいただけます。


画像

【手作り炭酸水で足浴しましょう】​
用意するもの
・クエン酸(食品グレード以上のもの)…10g
・重奏(食品グレード以上のもの)  …13g
・湯(35~38℃)          …5L
・洗い桶              …1個

炭酸水で足浴をすることでも、様々な美容・健康効果が得られます。
熱すぎないお湯を使うことと、お湯をかき混ぜすぎないことで炭酸水が長持ちします。

JAAトップインストラクター・整体師・
上級心理カウンセラーのなだです。
いつも有難うございます(^^♪




晴れた日に1日15〜30分日光を浴びることで作られるのが、「サンシャインビタミン」こと、ビタミンDです。
ミドルエージ世代が将来の健康長寿に欠かせないビタミンDは、コスト0で得られるのです。

ビタミンDは、あなたの骨と筋肉を強化し寝たきりを遠ざけ、がんや認知症を遠ざけ、インフルエンザの発症リスクを50%も低減してくれる健康長寿に欠かせないビタミンなのです。

ビタミンDはカルシウムの働きを助け、骨を強くするビタミンとして知られており、欠乏すると大腿四頭筋や骨格筋が萎縮することもわかっています。

国立がん研究センターで、日本人3万8000人を血中ビタミンD濃度別4段階にレベル分けし、その後11.5年の間に大腸がん(結腸がん、直腸がん)になったグループとならなかったグループにおいて、そのレベルとの相関を調べました。
すると、血中ビタミンD濃度が最低のグループ(22.9ng/ml未満)は、その他の3グループ(血中ビタミンD濃度22.9ng/ml以上)に比べ、直腸がんのリスクが男性で4.6倍、女性で2.7倍高いことがわかりました。

米国マサチューセッツ大学 の報告では、肺がんで夏と冬に手術を受けた患者の無再発生存率は夏の方が高く、大腸がんについても同様の報告があります。
これは、夏は冬に比べて日照時間が長く、血中ビタミンD濃度が高まるため、ビタミンDのがん抑制効果、再発抑制効果が期待されています。

米国神経学会が学会誌「Neurology」に掲載した研究報告には、重度のビタミンD不足で、アルツハイマー型認知症リスクは120% にもなるとされています。

ビタミンDを増やすためには、まず食事にこだわりましょう。ビタミンDを含む食材はサケやイクラ、しらすなどの魚介類、卵類、キノコ類です。 
中でも魚はDHA(ドコサヘキサエン酸)の貴重な供給源で、同時に良質なたんぱく質源でもあります。
健康維持のため、手軽なサケフレークやしらす、ツナなども利用し、いくつになっても毎食片手一盛りのたんぱく質を食べるようにしましょう。

食べるだけでは健康上の効果を得られないビタミンDです。食生活を意識しながら、1日15〜30分の日光浴を心がけましょう。
日照時間が少ない地域に住んでいたり、仕事の関係で十分に日光浴するのが難しい場合は、活性化型ビタミンD3のサプリメントを摂取しましょう。


画像

「ユーグレナD&D」には、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、不飽和脂肪酸など59種類の栄養素が含まれています.
http://meme2.net/?pid=83435457

「うきうきウッキン」の主成分、春ウコンは秋ウコンに比べ精油成分やミネラルが豊富で、五臓六腑に働きかけてくれます。
http://meme2.net/?pid=91648516

JAAトップインストラクター・整体師・
上級心理カウンセラーのなだです。
いつも有難うございます(^^♪



9月に入り、朝夕涼しくなり。
少し過ごしやすくなって来ました。


トマトも胡瓜も収穫が終わり、
少し寂しくなってきた我が家の菜園です。

今も毎日収穫できているのは、
茄子とオクラと大葉、ゴーヤ、人参です。

人参はこの春蒔いたものが随分と大きくなり、
思った以上の収穫がありました。

一度に食べきれないので、下処理して
冷凍して置きました。



画像



人参は細切りと乱切りに、
ゴーヤは半分に切って中綿を出し、
薄切りにしてサッと塩茹でしてから
冷凍します。

細切りにした人参は、
かき揚げやキンピラをする時に
直ぐに調理できて便利ですよ。

乱切りの人参は、
煮物やカレー等に使います。

ゴーヤは、炒め物に入れたり
人参や玉葱と一緒にかき揚げにも。


無農薬の野菜を無駄なく食べたいので、
食べきれないものは漬物や冷凍にして
残さず食べるようにしています。

野菜をしっかり食べて
健康管理を頑張りましょう。

次の5件 >>